珈琲色(こーひーいろ)
珈琲色(こーひーいろ)
珈琲色(こーひーいろ)
珈琲色(こーひーいろ)
珈琲色(こーひーいろ)
珈琲色(こーひーいろ)
珈琲色(こーひーいろ)
珈琲色(こーひーいろ)
珈琲色(こーひーいろ)
珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 珈琲色(こーひーいろ)

珈琲色(こーひーいろ)

通常価格
¥5,500
販売価格
¥5,500
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

「眠っている服を、ずっと着たい服に。」

廃棄されるはずだった珈琲の捨てがらで、あなたの大切な服を珈琲色に染め直す、
"somete"の受付フォーム・事前申込チケット購入ページです。

 ※今回はお手持ちの「白Tシャツ」もしくは「白シャツ」(長袖可)1枚"珈琲染め"する形となりますので、ご注意ください。

 

染める人のストーリー

福井プレス

「福井プレス」はものづくりの町、東大阪市にあります。80年近く続くクリーニングと染色加工の工場です。三代目の福井伸は、染料を販売する商社で3年働いた後、実家のクリーニング工場に戻り、家業を継ぎました。

目指したのは小ロットかつ素材形状を選ばない新しい染色加工場。少しずつ改革していき、現在では一般の人が気軽に自分の服を一着から染め直しできる「染め直し屋」をはじめ、草木染めや花粉防止、消臭などを製品1着単位で行うといった挑戦を続けています。

大阪の小さな染工場・福井プレスが、試行錯誤の末生み出した「珈琲由来のエコでサステナブルな染め直し」技術にて、染め直しを行います。

 

染めの技法

淹れる前のコーヒー豆の破砕片をドリップして染め上げ

「珈琲染め」は、コーヒー焙煎工場から出る「チャフ」(「シルバースキン」とも呼ばれるコーヒー豆の皮の燃えがら)と、「破砕片」を組み合わせ染め上げる独自製法。いわば、「ドリップしながら染め上げる」染色方法です。

ご家庭でのハンドメイドなどの「コーヒー染め」は、コーヒーを淹れたあとのドリップ滓を使用するのが一般的ですが、今回は福井プレスと藤田珈琲株式会社の協働により、焙煎工場から出る「コーヒー豆の破砕片」と「チャフ」を使用します。

安定的な濃い発色が魅力!
楽しく豊かで、新しい珈琲時間を生み出します。

 

福井プレスだからできるエコな染め

1938年創業のクリーニング屋としての実績と、現3代目が新たに研究開発した染色加工技術。それらを掛け合わせ、生まれた一点モノ専門の「染め直し屋」事業を営んでいます。

主眼においているのは、日焼けや色落ち、シミなどの汚れが落ちず、「もう着れないか…」とあきらめながらも捨てられずにしまってある服を蘇らせる「洋服再生」の取り組み。

染色加工・クリーニングを行う工場として、私たちにできる環境配慮型のファッションを提案できないかと、常に試行錯誤を続けてきました。

もちろん、今回の珈琲染にも、「染め直し」のノウハウを惜しみなく取り入れ、安定した品質で美しく染め上げます。

SDGsやエシカル消費が注目を集まる今だからこそ、この珈琲染をスタートしようと思い立ちました。

 

焙煎工場だからできるエコな素材

今回使用するコーヒー豆の破砕片とチャフ(シルバースキン)は、同じく大阪の藤田珈琲株式会社様からご提供いただいています。

珈琲のサプライチェーン全体を見渡した時、実は私たちが気が付かない部分で廃棄物が生まれています。

たとえば、焙煎や粉砕の工程で発生する飲用に適さない破砕片。

焙煎時の過程でコーヒー豆から剥がれ落ちる、苦みや雑味の元シルバースキン(チャフ)。

今回は珈琲のドリップ滓ではなく、これらのサプライチェーン上の廃棄物を活用しています。

自然からの恵みであるコーヒー豆を味わい尽くしていただきたいという取り組みです。

実は大阪府の喫茶店数は、東京や愛知よりも多く日本最多(参考:全日本コーヒー協会)。

珈琲の街・大阪で長く続く焙煎工場と染工場だからこそ、この事業に取り組む意義があると考えています。

藤田珈琲も元々は、1963年に四ツ橋で開業した喫茶店「イーグル150」からスタートしました。

 

※染め直し後のイメージは冒頭の写真を参考にしてください。

※冒頭写真の左側が「Before」、右側が「After」となります。

※染め直しの期間はこちらに衣類が到着後、約1ヶ月〜1ヶ月半ほどを染め期間として設けております。お待ちの間も服との思い出をゆっくり考える機会にしていただければと思います。

※スケジュール通りの運営に努めて参りますが、申し込み状況や染め状況によって期間が変動する可能性がございます。

※衣類到着後、こちらで染まらない素材だと判断した場合は申し訳ございませんがご注文をキャンセルし、着払いにて返送させていただきます。

※染め直しを希望する衣類「決済後5日以内」を目処に、下記の宛先まで払いにてお送りいただけますと幸いです。

●衣類発送先

〒343-0836 埼玉県越谷市蒲生寿町15-41フィラーレ蒲生202号室
「somete運営事務局宛」
TEL:070-8549-7218
※荷物確認用の電話番号ですので、お問い合わせには対応しておりません。お問い合わせはこちらからお願いいたします。


【ご注意事項】※ご注文前に必ずご一読ください。
色が入るのは、植物系の天然繊維・半合成繊維(綿/麻/レーヨン/テンセル/キュプラ等)です。

合成繊維(ポリエステル、アクリル等)が含まれた物の場合、合成繊維の割合が増えるほど薄い色に仕上がります。植物系天然繊維を50%以上含むものを推奨します。衣類のラベルに記載されていますので、ご確認の上お申込みください。

薬品又は油の付着がある場合、ムラの原因になります。

傷んだ部分は攪拌の工程で傷みが大きくなってしまう場合がございます。あらかじめご確認ください。

③「綿100%」表示のTシャツであっても、縫製糸はポリエステル等の場合がございます。その場合、糸部分は染まりません

また、商品を染める際にボディー素材と洗濯ネームやブランドタグが同素材の場合、同じく染まります。

染め直しから始まるカラフルで
サスティナブルな未来を

大切な服をいろんな色に染め直す。
それは服に優しく、地球にも優しい。

服を捨てずに染め直すだけで、
サスティナブルな未来づくりに
ちょっとだけ貢献できます。

さぁ、someteで大切な一着と
新しい思い出をつくろう。

染めた服をみてみる
染めた服をみてみる